loading

  • 未来を創るのは、若いチカラ。

    半世紀先も、当事者として。

    YOUTH DEMOCRACY PROMOTION AGENCY

Get started

一般社団法人ユースデモクラシー推進機構

若者と未来世代に最適化された
インターフェイスとしての政治

News & Event

2018.12.02

【開催報告】エストニア視察報告 THE FINAL(YDLabスピンオフ企画)を開催しました。

READ MORE<span><i class="pcon pcon-261"></i></span>

2018.11.23

【開催報告】ユースデモクラシーLAB第24回定例勉強会を開催しました。

READ MORE<span><i class="pcon pcon-261"></i></span>

2018.11.16

【NPO法人I-CASコラボ企画】『高校生が見た地方議員の日常』座談会(前編)

READ MORE<span><i class="pcon pcon-261"></i></span>

2018.11.13

【連載企画】香港から見える日本のリアル②『地方創生、町おこし、コミュニティ作り-言葉を超えた公共的意義を本当に語れるのか』

READ MORE<span><i class="pcon pcon-261"></i></span>

2018.11.12

【お知らせ】理事に新しく2名が就任しました。

READ MORE<span><i class="pcon pcon-261"></i></span>

2018.11.01

【開催報告】ユースデモクラシーLAB第23回定例勉強会を開催しました。

READ MORE<span><i class="pcon pcon-261"></i></span>

2018.10.30

【連載企画】香港から見える日本のリアル①『大卒以外の選択肢 〜非大卒就職支援「HASSYADAI」の事例から〜』

READ MORE<span><i class="pcon pcon-261"></i></span>

2018.10.21

【開催報告】エストニア視察報告Ver.5.0(YDLabスピンオフ企画)を開催しました。

READ MORE<span><i class="pcon pcon-261"></i></span>
View More

About us

Our philosophy私たちの理念

“若者と未来世代に最適化された、インターフェイスとしての政治”

いよいよデジタル・ネイティブ世代がバッジをつける時代。
この人たちから、インターネットを駆使した新しい政治家のスタイルが生まれるはず。
この人たちなら、政治に対するイメージを一新し、若者と未来世代に最適化されたインターフェイスを創れるはず。

私たちは、現在だけでなく未来世代の事を主体的に考え、“半世紀先も当事者として存在している”
若い政治家を多面的に支援する事で主権者が信頼できる“若者と未来世代のための政治”の実現を目指します。

Our values私たちの価値観

私たちは、政治的中立性に立脚しながら、次の5つの価値観を重視します。

多様性

党派・主義・政策の違いを超えて、あらゆるバックグラウンドを持つ人々の協働を重視します。

先進性

常に新しい物事や考え方を取り入れ、試し、実践することで未来を切り拓きます。

発展性

未来は豊かで明るく健やかなものである事を信じ、その実現に向けたあらゆる努力を惜しみません。

合理性

感情論には与せず、定量的なデータに基づく意思判断を優先します。

継続性

世代や価値観の違いによる一方的な分断はせず、社会を支えてきた世代への感謝と報恩を胸に調和を目指して行動します。

Our outline組織概要

組織名 一般社団法人ユースデモクラシー推進機構
略称(英名):YDPA(Youth Democracy Promotion Agency)
所在地

有楽町ミーティングスペース

〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-12-1
新有楽町ビル11F
PORTAL POINT YURAKUCHO

電話番号 03-4405-6656
設立日 2015年7月6日
定款 定款(2018年7月12日 改定)
目的・事業内容

当法人は、ユースデモクラシーの視点から、ICT等の先端技術を活用し、政治に関係する全ての活動・業務の品質向上に係る知識の共有、人材の育成に関する事業を行い、得られた知識や経験といったナレッジの有効活用をもって、社会全体の柔軟かつ効率的な発展に寄与・貢献していくことを目的とし、次の事業を行う。

・調査研究及び教育研修事業
・基盤整備事業
・広報及びネットワーキング事業
・その他、当法人の目的を達成するために必要な事業
公開情報 2016年度事業報告書
2017年度事業報告書
コンプライアンス基本方針

Our membersメンバー紹介

●運営チーム
  • 代表理事/Chief Executive Officer

    仁木 崇嗣

    仁木 崇嗣

    1986年奈良県生まれ。デジタルハリウッド大学院修了。同メディアサイエンス研究所研究員。地域デザイン学会参与。NPO法人全世代理事。陸上自衛隊少年工科学校卒業後、航空学校を経て、一般幹部候補生合格を機に退職。ベンチャー企業勤務を経て、23歳で独立。デザイン&ICTを活用した公共部門のロジスティックスを支える事業を展開し、選挙支援の実績は延べ100件を超える。YDPA設立者として、北海道から九州まで各地の20代当選議員を中心としたネットワークづくりを通じて、未来世代のための政治の実現を目指し活動中。2017年、ForbesJAPAN「日本を元気にする88人」選考委員会ボードメンバーに選出。剣道3段。銃剣道初段。

  • 副代表理事/Chief Operating Officer

    今泉 ゆりか

    今泉 ゆりか

    1992年東京都生まれ。母子家庭で育つ。國學院大學法学部卒。4歳から6年間、劇団ひまわりに所属。子役としてTV番組やCM等出演多数。ピアノ・バレエ・日本舞踊歴を10年以上有し、三味線や琴などの雅楽から、管楽器、声楽まで音楽を広く嗜む。大学在学中は、国会議員の学生秘書を務め、国・地方問わず選挙支援を多数行ったほか、学習塾講師として不登校児や家庭に問題を抱えている生徒を多く担当し、復帰を促す取り組みに注力。また、厚生労働省の遺骨収集事業に参画し、ロシア、硫黄島、沖縄等で活動。カンボジアでのボランティア経験がある。現在は、準大手ゼネコンにて関東の主要鉄道土木工事を担当。救命技能認定証保持者。

  • 専務理事/Chief Financial Officer

    加藤 俊介

    加藤 俊介

    1985年静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒、東京大学公共政策大学院修了。地方監査会計技能士(CIPFA Japan)。県庁勤務を経て、現在は大手監査法人のコンサルタントとして、自治体の支援を行っている。総合計画策定や行政評価制度の導入などの実績多数。自治体の補助金評価委員会委員も務めている。また、地域活動として私設図書館の設立や地方議員の政策スタッフの経験、タンザニアでのボランティア経験がある。チャリティー活動の一環で東京から北海道までママチャリで縦断。剣道歴22年。

  • 理事/Chief Strategy Officer

    新江 新太郎

    新江 新太郎

    1985年東京都生まれ。日本大学法学部卒、インターネット専門の広告代理店を経て、画商へ転身。現在は都内画廊の専務として国内外で美術品の販売や美術コンサルタントを行っている。専門は近代美術や現代アートで、草間彌生や藤田嗣治などを取扱う。2013年に日本政策学校を修了後、政党を問わず選挙運動の支援や、政治活動を学ぶ。2014年より都内中学校にて外部指導員に就任、学校現場や部活動、家庭の問題などに取り組む。2015年より多様な生き方をテーマに毎年イベントを開催している。

  • 理事/Chief Legal Officer

    山縣 史也

    山縣 史也

    1987年山梨県生まれ。中央大学法学部、同法科大学院卒。都内法律事務所の勤務を経て、2017年に独立し、法律事務所あおばの代表に就任。民事、家事、刑事、顧問業務等、ジャンルを問わず幅広い分野を扱う。 2018年に男の子が生まれ、子育てに奮闘中。趣味はバドミントン。

  • 監事

    本田 正美

    本田 正美

    1978年神奈川県生まれ。東京大学法学部卒、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。現在、東京工業大学環境・社会理工学院研究員、東京大学大学院情報学環セキュア情報化社会研究寄附講座客員研究員。専門は、社会情報学・行政学。特に電子政府に関する研究を中心に、情報社会における行政・市民・議会の関係のあり方について研究を行っている。

  • 事務局長

    上月 茶奈

    上月 茶奈

    1982年福島県生まれマレーシア、香港育ち。日本政策学校事務局長。地域デザイン学会グローバルサイバー戦略フォーラム事務局長。経済産業省事務スタッフを経て、株式会社リクルートHRマーケティングに入社。求人広告媒体営業トップセールス賞を受賞。医療系ベンチャー人材紹介会社に転職後、営業部チーフを務める。人材業界にて培ったノウハウを活かし、公共・営利・非営利セクターの壁を越えて、政治と民主主義の在り方を変革する新たな人材ビジョンである「政治イノベーター」を掲げ、活動中。6歳の息子をこよなく愛するシングルマザー。

  • 政策フェローシップ事務局

    立石 理郎

    立石 理郎

    1987年千葉県生まれ。千葉商科大学政策情報学部卒、法政大学大学院政策創造研究科修了。大学在学中は、極真空手に2年間取り組み関東大会準優勝を果たす。2010年に東京大学発のアントレプレナーシップ論講座で最優秀賞を受賞。「弱者にやさしい会社の話」を共著出版。NPO法人ストリートデザイン研究機構専務理事として東京都中野区でまちづくり活動に従事しワークショップ、研究会等を開催。選挙情報サイト政治山の記者として選挙に関する調査研究及び地方自治に関する取材及びネット投票の実現に向けて活動している。

  • 代表補佐(調査担当)

    冨岡 周泰

    冨岡 周泰

    1994年埼玉県生まれ。駒澤大学法学部政治学科卒。学長奨励賞受賞。専攻は計量政治学及び国際政治哲学。在学中に、議員秘書、政党、NPOのスタッフ及び監査法人の政策部門にてインターン。卒論テーマは「アフリカにおける第三の波以降の民主化への要因についての計量分析」。日系大手メーカーに勤務。名古屋市在住。

  • 代表補佐(法務担当)

    阿久津 紗希

    阿久津 紗希

    1994年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒。専攻は国際法と国際政治で、とりわけ東アジアと朝鮮半島情勢に強い関心を持つ。中高では空手部主将を務め、県代表に選出。大学ではベーシストとして音楽サークルに所属する傍ら、ディベートやディスカッションを行う学生団体を立ち上げる。現在は、司法書士事務所に勤務しながら、国際法規や外交政策について日々学びを深めている。

  • ユースアンバサダー

    西山 友梨

    西山 友梨

    1993年東京都生まれ。聖心女子大学卒業、慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了。インバウンド関係機関勤務。2013年、TOMODACHI MetLife Women‘s Leadership Programの第1期に選出。2014年9月、外務省主催 国際問題プレゼンテーション・コンテストにて最優秀 外務大臣賞受賞。日米協会会員。NPO法人全世代会員。

  • ユースアンバサダー

    メイジェイ 佐藤

    メイジェイ 佐藤

    1998年ニューヨーク・マンハッタン生まれ。官公庁や個人への英語レッスンを提供するHaveTo(ハフタ)でカウンセラーや翻訳業務を勤める。アメリカ大使館でのインターン経験あり。関心領域は安全保障やインテリジェンス、計量経済学、文学を中心とした人文科学。水彩画や小説、俳句等でそれぞれ複数回の受賞経験あり。英語の他、スペイン語やラテン語などの言語を修める。

  • ユースアンバサダー

    佐藤 慧雲

    佐藤 慧雲

    2000年福岡県生まれ。(株)PROTRUDE代表取締役。F Venturesアソシエイト。中学時、陸上自衛隊及び海上自衛隊に体験入隊。有明高専を2年生時に退学し、F Venturesに参画し、自身も起業。高専在学中にシンガポールで開催された国際学会にて「Development of a Pulsed Laser Oscillation System using an inexpensive Q switch(安価なパルスYAGレーザの製作および発振システム構築)」 の発表を行う。現在は、自治体職員向け研修教材「SIM2030」を高校生に対して実施する等、地方政治に関心を持つ。大牟田市在住。

  • パートナー

    濱田 真里

    濱田 真里

    『なでしこVoice』代表

    1987年宮崎県生まれ埼玉県育ち。早稲田大学教育学部卒。お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科博士前期課程在学中。内閣府アジア・太平洋輝く女性の交流事業調査検討委員会委員。大学在学中、6カ国でボランティアをしながら世界22カ国を訪問し、世界で働く日本人女性のインタビューメディア『なでしこVoice』を開設。海外で800人以上に直接取材を行う。各国リーダーが集う国際会議「Global WIN Conference2015」にて、唯一のアジア人奨学生に選出。現在、(株)ネオキャリアが運営する『ABROADERS』編集長。

  • パートナー

    石井 大智

    石井 大智

    1996年大阪府生まれ広島県育ち。香港中文大学大学院博士課程1年。広島の高校を退学後、慶應義塾大学総合政策学部に進み、飛び級で博士課程に進学。中学生時のヨルダン訪問を契機に移民・難民など国境を超えた人口移動を専門とする。韓国の延世大学への留学経験に加え、法務と会計の知識を活かし複数国のNPOやベンチャーでのバックオフィス経験がある。また、マイナビ主催の全国最大規模のビジコンに高3から3回決勝に出場するなどフットワーク軽く様々なフィールドを渡り歩いている。アカデミックな成果を出す上でフィールドのリアリティにできるだけ触れることを重視しながら、研究成果を社会に活かすべく、大学のみならず政府系機関や企業でのリサーチにも従事している。

  • アドバイザー

    岡 直樹

    岡 直樹

    1984年千葉県船橋市生まれ。2004年、早稲田大学理工学部在学中にNPO法人情報ステーションを立ち上げ代表理事に就任。地域活性のための「交流空間としての民間図書館」を提案し、約15年間の活動を通じて全国約90箇所に開設、多世代交流を重視する社会づくりを目指す。2014年環境大臣賞、2016年総務大臣賞を受賞し、2018年に代表理事を退任。このほか、誰でも参加でき誰もが講師になれる市民講座「船橋みらい大学」の主宰や、地域に貢献したい人物のプラットフォーム「船橋人物図鑑」の発刊など、市民力を活かす地域づくりに取組んできた。現在は、業務用酒販店経営企画室長ほか、船橋市観光協会専務理事など。

協力団体・企業

●政策フェローシップ
  • 政策フェロー(夕張市担当)

    今川 和哉

    今川 和哉

    夕張市議会議員(北海道)

    公式サイト

    1989年札幌市生まれ。北海学園大学法学部卒。司法書士事務所や会社経営の傍ら26歳で初当選、現在1期目。議会運営委員会副委員長。司法書士・行政書士いまがわ事務所代表。夕張開発株式会社代表取締役。宅地建物取引士。日本司法書士会連合会にて財産管理業務対策委員会に所属し、全国で遺産承継や相続財産管理人、不在者財産管理人の実務などの講演を行う。兼業の議員ならではの現場感覚と人口減少への危機感を持ちながら、事業者の目線で政治活動を実施。空き家対策や不動産政策、都市と地方の連携に熱意を持って取り組んでいる。

  • 政策フェロー(大田区担当)

    おぎの 稔

    おぎの 稔

    大田区議会議員(東京都)

    公式サイト公式Twitter

    1985年群馬県生まれ。アミューズメントメディア総合学院卒。NPO法人勤務や議員秘書を経て29歳で初当選、現在1期目。会派幹事長。NPO法人リボングラフィックス理事。公益社団法人東京青年会議所大田区委員会委員。てんかんを患いながら、日雇い派遣、非正規雇用を経験。マンガ・アニメへの造詣が深く、同人誌作成やコスプレ参加、マンガでの政策・活動報告を行う。自殺対策、若者支援、コンテンツ政策、社会教育、動物愛護に熱意を持って取り組んでいる。

  • 政策フェロー(世田谷区担当)

    薗部 誠弥

    薗部 誠弥

    世田谷区議会議員(東京都)

    公式サイト公式Twitter

    1989年東京都世田谷区生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒。株式会社セプテーニおよびTwitter Japan株式会社を経て25歳で初当選、現在1期目。文教常任委員。保育士。日本PR協会認定PRプランナー(1級)。最近、息子が生まれ、0歳児の父として、保育士として世田谷区の待機児童解消の最前線で戦っている。保育、子育て、ICT利活用、行政の効率化に熱意を持って取り組んでいる。

  • 政策フェロー(江戸川区担当)

    小野塚 あやか

    小野塚 あやか

    江戸川区議会議員(東京都)

    公式サイト

    1987年千葉県船橋市生まれ。大原簿記専門学校税理士コース卒業。カウンセラー・コンサルタントを経て27歳で初当選、現在1期目。会派幹事。一般社団法人日本こまつな協会代表理事。カウンセラー時代は、約6年で5000名を超える人々のカウンセリングやコンサルティングに携わる。自身も小学生の時に両親が離婚、学生時代はうつ病を患い、不登校や引きこもりを経験したことから、子育て教育、医療福祉に熱意を持って取り組んでいる。

  • 政策フェロー(新宿区担当)

    伊藤 陽平

    伊藤 陽平

    新宿区議会議員(東京都)

    公式サイト公式Twitter

    1987年東京都生まれ。立教大学経済学部経済政策学科卒。IT分野での学生起業を経て27歳で初当選、現在1期目。文教子ども家庭委員。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。IT事業に従事した経験を活かし、議会・民間の双方から教育改革に取り組んでいる。また、情報発信には特に力を入れ、毎日のブログ更新や各種メディアへの寄稿多数。若者の区政参加やEdTech、STEM教育に熱意を持って取り組んでいる。特技は音楽(専門士)。

  • 政策フェロー(川崎市担当)

    重冨 達也

    重冨 達也

    川崎市議会議員(神奈川県)

    公式サイト公式Twitter

    1988年川崎市育ち。首都大学東京システムデザイン学部航空宇宙工学コース卒。塾講師を経て26歳で初当選、現在1期目。まちづくり委員。地域政党あしたのかわさき共同代表。政策提案時には必ず数字で詰め寄り、「議員が言ったからやる」ではなく、「納得したからやる」と思ってもらえる政策提言を心がけている。道路・公園などの公共空間活用、教育施策全般に熱意を持って取り組んでいる。剣道初段。鳥人間(設計・コックピット制作・パイロット)。

  • 政策フェロー(沼津市担当)

    小澤 隆

    小澤 隆

    沼津市議会議員(静岡県)

    公式Twitter

    1985年沼津市生まれ。富士常葉大学環境防災学部環境防災学科卒。会社員を経て29歳で初当選、現在1期目。総務委員、駿東伊豆消防組合議会議員、議会だより編集委員。陸上自衛隊予備自衛官。信念と志こそ政治家の根本として、理想は可能な限り大きく、愛国心と郷土愛は強く持ち、組織の支持は一切受けず、有権者に媚びず、公平な視点で活動を心がけている。オープンデータ、IT化、アニメ聖地巡礼、防災に熱意を持って取り組んでいる。

  • 政策フェロー(津島市担当)

    安井 貴仁

    安井 貴仁

    津島市議会議員(愛知県)

    公式Twitter

    1988年愛知県生まれ。愛知淑徳大学ビジネス学部ビジネス学科卒。国会議員秘書を経て25歳で初当選、現在2期目。総務委員会委員長。「未来の当たり前を作るのはいつだって、その時代の若者」をモットーに、常に次の世代の事を考えて行動している。ICT、シェアリングエコノミーの導入などに熱意を持って取り組んでいる。

  • 政策フェロー(稲沢市担当)

    志智 央

    志智 央

    稲沢市議会議員(愛知県)

    公式サイト公式Twitter

    1986年愛知県名古屋市生まれ。日本医療専門学校作業療法学科卒。病院勤務を経て28歳で初当選、現在1期目。作業療法士として、脳卒中や認知症、うつや自閉症など様々な分野でのリハビリを担当した経験や、自身が不登校であった経験から、介護予防と健康寿命の延伸、不登校支援、ワークライフバランスに熱意を持って取り組んでいる。

  • 政策フェロー(垂井町担当)

    太田 佳祐

    太田 佳祐

    垂井町議会議員(岐阜県)

    公式サイト公式Twitter

    1985年岐阜県不破郡垂井町生まれ。花園大学文学部国文学科卒。会社員を経て29歳で初当選、現在1期目。総務産業建設委員会副委員長。株式会社山一工機取締役。採用コンサルタント。1級古民家鑑定士。測量士補。議員活動に加え、ロボット・プログラミングスクールの運営やカトラリーブランドの立ち上げ、政治家志望の若者と若手議員のコミュニテイ「TORYUMON」の運営等を行っている。地方における子育て環境の整備、キャリア教育、関係人口の拡大や地方議会への若手政治家輩出支援に熱意を持って取り組んでいる。

  • 政策フェロー(京都市担当)

    森 かれん

    森 かれん

    京都市会議員(京都府)

    公式サイト公式Twitter

    1990年京都市上京区生まれ。同志社大学政策学部政策学科卒。会社員を経て25歳で初当選、現在1期目。まちづくり委員会副委員長。地域政党京都党上京区支部長。中学校から大学卒業まで吹奏楽部に所属し、現在もチューバを演奏している。任期中に出産を経験し、どんな立場や環境であっても安心して出産育児ができる世の中にすべく活動。仕事と育児の両立不安解消、財政再建、ヤングケアラー支援、細街路対策などに熱意を持って取り組んでいる。

  • 政策フェロー(吹田市担当)

    足立 将一

    足立 将一

    吹田市議会議員(大阪府)

    公式サイト公式Twitter

    1985年大阪府生まれ。神戸大学法学部卒。会社員を経て25歳で初当選、現在2期目。健康福祉常任委員会委員、議会運営委員会小協議会。株式会社パクスジャポニカ代表取締役。公益社団法人吹田青年会議所理事。「生きてるだけで丸もうけ、共笑文明を創造する鉄人政治家」をモットーに活動。行政評価、地方議会制度改革、教育、公共施設最適化に熱意を持って取り組んでいる。トライアスロン、ラクロス、路上ライブが趣味。

  • 政策フェロー(山口市担当)

    部谷 翔大

    部谷 翔大

    山口市議会議員(山口県)

    公式サイト公式Twitter

    1986年広島県生まれ山口県山口市育ち。國學院大學法学部政治専攻。国会議員公設第一秘書を経て28歳で初当選、現在2期目。生活環境委員会副委員長。会派代表。女子中学軟式野球チーム山口ガールズ代表。株式会社コネクトハブ相談役。株式会社インスパイア顧問。ダイバーシティー政策、起業創業支援、スポーツ環境整備に熱意を持って取り組んでいる。

  • 政策フェロー(福岡市担当)

    天野 こう

    天野 こう

    福岡市議会議員(福岡県)

    公式サイト公式Twitter

    1986年福岡県生まれ福岡市西区育ち。久留米大学経済学部卒。会社員を経て28歳で初当選、現在1期目。最年少の福岡市議として、重要であるにも関わらず、今まであまり論点になってこなかった、またはなおざりにされてきた行政・政治課題に正面から取り組むことをモットーにしている。行財政改革、公共施設マネジメントに熱意を持って取り組んでいる。

Projectプロジェクト紹介

ユースデモクラシーLAB・YDPA開催イベント

「ユースデモクラシーLab」は、「デジタルネイティブたちが知恵を出し合って未来を考え、実際に行動を起こしていくための知の開発拠点」です。地方議員を含むデジタルネイティブみんなで、未来志向の議論やナレッジの蓄積・共有を行い、政治のパフォーマンスを高め、現実として政策形成に影響を与えることを目的としています。 2015年開催 ●5月3日 「スゴい若人キャラバン」開始・・・2ヶ月間で53名の20代当選議員と対談 ●7月6日 一般社団法人化 ●7月25日 「20代当選議員の会 KICKOFF MEETING in TOKYO」 <スピーカー> 落合陽一氏(メディアアーティスト・筑波…

デジタル憲法フォーラム(デジ憲)

日本国憲法の間接的源流と言われる『東洋大日本国国憲按』の起草者である植木枝盛は、当時24歳。 美智子皇后陛下に「長い鎖国を経た19世紀末の日本で、市井の人々の間に既に育っていた民権意識を記録するものとして、世界でも珍しい文化遺産ではないかと思います(2013年の誕生日関する記者会見)」とまで言わしめた『五日市憲法』の起草者である千葉卓三郎は、当時29歳。千葉卓三郎と共に議論を深めた深沢権八は、当時20歳。 当時の20代の若者たちが見ていた「未来」は、今の私たちの生きている社会にどう繋がっているのでしょうか。 そして、その記憶を私たちは正しく引き継いでいるのでしょうか。…

20代当選議員の会

「20代当選議員の会」は、一般社団法人ユースデモクラシー推進機構(以下、YDPA)が運営する全国的・超党派の若手議員プラットフォームです。 当会は、議員による組織化は行いません。特定の政党・政治団体の支援を行うものではありません。一方的な政策勉強会ではありません。選挙互助会としての機能も会としては有しません。 「20代当選議員の会」の最大の目的は、「目線を揃えること」です。 政党や会派だけでなく、関心領域や政策、イデオロギーの違いは大前提として認め合いながらも「未来をみつめること」の一点についてのみ、全日本国民の目線を揃えることを目指します…

Contact Us

下記フォームに必要事項をご記入の上、お問い合せください。

項目はすべて必須事項です。送信後に内容確認メールが自動配信されます。
*携帯電話の受信設定でドメイン指定受信を設定している方は、「@youth-democracy.org」を個別に受信したいドメインに設定してください

お名前必須
ご連絡先必須
メールアドレス必須
ご所属・会社名など必須
生年月日必須
お問い合せ内容必須