2018.11.16

Pocket

2016年に施行された改正公職選挙法によって、18歳選挙権が認められました。若者の政治参画が重視される今、「有権者」のボーダーライン直前にいる高校生の視点を知ることはこれからの政治を考える上でとても大切だと思います。本企画は、協力団体であるNPO法人I-CAS様のご協力のもとインターンに参加した高校生と、その受け入れを行った各議会の最年少地方議員との座談会を通じてその一端を明らかにしようという試みです。

 

前編についてはこちら(政治山Yahoo!ニュース)よりご覧いただけます。